ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
「チャンバラ狂時代」のブログ。時代劇のこと、その他映画・テレビドラマやら俳優のことなど。
徒然なるままに、時々思いだしたように更新しています。

スタッフ

HP更新のこと、東映太秦映像のこと、編集技師のこと

このところ、割とコンスタントにホームページ(チャンバラ狂時代)更新ができている。 手元に紙媒体で資料が溜まりまくっている年別放送リストも、やっとこさ1989年分がまとまったので載せるまでにこぎつけた。 その他、松方弘樹の『名奉行遠山の金さん(4)』…

三船プロがテレビ時代劇に与えた影響

ホームページ更新、どどんと単発ドラマを増量中。いずれも三船プロ作品。 球形の荒野(1981) 描かれた女(1985) 鼠小僧次郎吉 必殺の白刃(1983) 密偵(1983) ちょっと三船プロ関連のデータを強化していかねばナ。ずっと思っていることなのだが、思っているだけ…

おくやみ──木下忠司・井上堯之

新聞の訃報記事から。 作曲家の木下忠司氏、死去。 なんと! いわずと知れた木下恵介監督の実弟、数々の映画やテレビの音楽を作った巨匠だ。 4月30日、老衰で。102歳とのことである。 失礼ながら、もう既に鬼籍に入られていたかと思っていた人物だったため、…

雪の日のホームページ更新

ベランダの手すりに23ミリも雪が積もった。寒くって仕様がない。 今日も今日とて心を虚しうする賃労働を終え、帰り図書館に寄って時代劇絡みの調べ物をしてきたのだが、一歩踏み出ると雪景色になっていて大いにぶったまげてしまった。 アスファルト上、人に…

わが偏愛脚本家・山田隆之について

偏愛する脚本家(シナリオライター)がいる。 アチシはどちらかといえば脚本至上主義みたいなトコロがあって、やっぱり映画やドラマの面白さを決めるのは土台となる脚本=シナリオ(映画人は「ホン」と呼ぶ)であると信じている。映画の父・マキノ省三の言葉…

北大路版『子連れ狼』のこと、結束信二のこと

リアルタイムでは見るに堪えないと思っていたのに、いくぶん時間をおいて再見すると、 「案外といけるじゃないの」 てなコトになるのがゼロ年代時代劇。 年々まともに時代劇が作れなくなっていくので、ちょっと前にはダメダメだと思っていたのが現在の目から…